STORY

心の充実を求めて――好きの延長線上にある仕事
RE/MAX Harmony 榊 哲也REMAX×STORY

エージェント

 

子どもの頃は広い家に憧れて、建築士になりたいと思っていました。
しかし、建築士になるには美術的センスが必要だとわかり、早々と諦めることに(笑)。
ターニングポイントは中学3年生で受けた公民の授業でした。
架空の地図を使った街づくりのシミュレーションをしたのですが、これがとても面白く、はじめて経済について興味をもったんです。

というわけで大学は経営学部に入学。組織論やベンチャー企業論について学びました。

在学中、もちろん座学での学びも多かったのですが、サークルの副代表やゼミ長を務めたことが私にとってとても良い経験となり、ここでリーダーとしての在り方を学んだんです。
当初私はメンバーの先頭に立って行動していくことこそがリーダーだと思っていたのですが、実はそうではなく…。一人でやることには限界があり、支えてもらうことも大事なんですよね。そしてそれを叶えるには『メンバーが最大限活躍できる環境を提供すること』これこそが一番重要だと気付くことができました。

大学卒業後は大手人材派遣会社に就職。研修期間でビジネスマナーや実地含めた新規営業の基礎を学び、グループ会社に出向。現在6年目となります。
社会人として身に付けたこともたくさんありますが、一方で会社員として働く中で成果と報酬の関連性の希薄さも痛感していました。
家族も増え将来を考える中で、これからは自分で稼ぐ力を身に付ける必要があると思い、副業を検討。働き方の多様化を推進している会社なので副業も承認されており、少しずつネットを使った副業を始めたんです。
始めてみると、その働くスタイルがいいなと感じましたね。
好きな場所で好きな時間に仕事ができるのは、家族との時間もたくさん取れて心の充実に繋がった気がしました。
実は私の父が昔から今でいうフリーランスのような働き方をしており、ウィークデイのほとんどを自宅で仕事。それを見て育ったのもあり、会社員ではない働き方にもともと抵抗はなかったんです。むしろサラリーマンの働き方に違和感があり…。
できれば父のように家族との時間を大切にしたいとずっと思っていたので、独立に向けて事業を大きくしていこうと本格的に動き始めました。

そんな中でRE/MAXと出会ったのですが、不動産の仕事は以前から興味があったんです。当時は土日休みではないという理由で一旦は諦めてしまい…。でも、RE/MAXでは働き方を縛られることなく、本格的な独立をするまでの自信のスキルアップにも最適な環境だと感じ不動産エージェントとして活動を始めてみることにしました。
現在所属しているRE/MAX Harmonyの田山オーナーとの出会いも背中を押しましたね。
田山オーナーもサラリーマンから独立をし、未経験からオーナーになられたと聞いてその生き様に共感したのと、パートナーとしてオフィスを大きくすることに微力ながら貢献したいと、やりがいも見つけられました。

活動し始めて感じたことは、取引するものが不動産でも、営業する上で大事にすることは、これまでにやってきたことと同じだということ。
以前上司から、『仕事をブラックボックス化してはいけない』と教えられ、私はお客様にできるだけ多くの情報を開示、共有し透明性のある仕事を心掛けてきました。経過や進捗状況を細かくご報告すると、お客様もモヤモヤせず安心していただけますからね。不動産という業界だからこそ、今後も一層心がけていこうと思っています。

 

エージェントとなって4か月程経ちますが、4件ご契約に至り、自分の予想よりも早く成果が出ていることに少し驚いています。
もちろんこれまでの営業経験が役に立ったこともありますが、エージェント加盟後に受講したRE/MAX JAPAN CEO佐久川氏によるトレーニングで学んだことは、大きく影響していると思うんですよね。
新しい気付きがたくさんあり、それを実践して得た結果かなと思っています。

始めての契約は、まずはエージェント活動を始めていることを発信することが大事ということで、大学の友人や会社の元同僚たちに声を掛けていたのですが、その大学の友人からの紹介でした。
賃貸で引越し先を探しているお客様だったのですが、その方の背景や要望を深堀してしっかりヒアリングをし、内見も8件程して、ご成約に。価格交渉もうまくいき、喜ぶお客様の姿を見て、私もとても嬉しく、この初心をいつまでも忘れないようにしようと思いました。
同時に、不動産に関するより深い知識や経験をしっかり増やしていき、さまざまな視点から提案できるようになろうと改めて決意。
そしてさまざまなツールで発信は常に続け、不動産に関するお悩みや疑問があった時、1番最初に思い出してもらえるエージェントを目指します。

 

今はまだ会社員とのダブルワークですが、比重を徐々に重くして、5年10年後には会社員という肩書をなくしたいと思っています。
自分の好きなことの一部に仕事がある、という状態が理想ですね。
いずれはRE/MAXのオフィスオーナーもやってみたいです。
大学時代に学んだリーダーの在り方に加え、これからも田山オーナーの背中を見て学び、今私がいただいている環境のように、今度は私が頑張りたい人が頑張れる場所を提供したいと思っています。
その日のためにも、今はまず、不動産エージェントとしてコツコツと粘り強く活動し、さまざまな経験をしていこうと思います。